EMI、EMCノイズ対策で最低限おさえておくべきポイントはこれだ!!EMI、EMC、放射ノイズ、対策、シールド、コアについて

| HOME | EMI、EMCノイズ対策 | EMIノイズの原因と対策 |

更新日 2017-09-02 | 作成日 2008-03-08

プリント基板設計、EMI、EMCノイズの考え方!!

PCBレイアウト設計、EMI、EMCノイズの対策の基礎

EMI、EMCノイズ対策の基本と考え方




PCB、プリント基板上で回路を動作させる場合、電流を流せば、その流れている配線の周辺には磁界が発生します。
流す電流量や配線の長さにより磁界の強さは異なりますが、この磁界の強さにより、他の配線に干渉を与えたり、また、電磁波を放出します。
この電磁波が他の電子機器に影響を与えたり、誤動作を引き起こす可能性があるため、十分考慮する必要があります。
それらについて簡単に説明したいと思います。

ノイズ発生は、皆さんが知っている基本的な理論で起こります。それを基板上で如何に見つけ出すかが一番のポイントです。

EMI、EMC、ノイズについて


<超基本事項まとめ>

1、電流を流せば磁界が発生する。

2、電流ループに注意する。

3、パルス信号に注意する。


では簡単に解説していきましょう。

1、電流を流せば磁界が発生!?

電流が流れるとその周辺に磁界が発生し、電磁波を放出します。もちろん流れる電流の大きさ、周波数にもよりますが、少なからず磁界が発生しますのでパルス電流や大電流を扱う場合は注意が必要です。

2、電流ループに注意する

電流を流す場合で、特に大電流を流している配線がループしている場合、このループ面積が大きいほど磁界は強くなります。これら電流ループは注意していても出来てしまう場合があるので、基板パターンが完成した後十分確認し、見つけ出す必要があります。特に電源、GNDはいろいろな部品につながるため注意が必要です。

3、パルス信号には注意する

クロック(CLK)信号などパルス信号はノイズを発生する原因となります。これはよく知られた事実だと思いますが、これは周波数成分が高くなる程、また、立ち上がり、立ち下がりの時間が短い程、このパルス信号の電力スペクトルはより高周波まで広がるためです。従って、立ち上がり、立ち下がりの速いパルス信号は特に注意が必要です。高い周波数のパルスを扱う必要がある場合は、シールド線等を用いてシールドしたり、コアを挿入したりしたいです。



これ以外の注意事項として、電源・GNDラインは十分インピーダンスを下げるようにしましょう。



inserted by FC2 system